【新型コロナ対策】iPhoneをWEBカメラにする「iVCam」

テレワーク、リモートワークが急に始まった影響からか、WEBカメラが軒並み売り切れの事態が発生しているようです。

WEBカメラの代わりとなる物がないかと探してみたところ、iPhoneやAndroidスマートフォンをWEBカメラの代わりとして使える「iVCam」というものを見つけました。
Zoomでも認識しますし、動画はもちろん、音声(音声はiOSデバイスのみ)も認識します。

LightningまたはUSBケーブルでPCと直接つなぐか、Wi-Fi経由(同じネットワークに接続していればOK)で接続して使います。

使い方

例:iPhoneとWindows PC、iVCamを利用して、WEBカメラとして使う方法

1.PCにiVCamをインストールする
  iVCamを利用するには、PC用ソフトとiOSアプリをそれぞれ導入する必要があります。
  公式サイトの「Download for Windows」ボタンからセットアップファイルをダウンロードし、インストール
  ■公式サイトURL
  https://www.e2esoft.com/ivcam/

 Wi-Fi経由で利用する場合はファイアウォールの許可設定が必要です。
 セットアップを終え、iVCamを起動すると待機モードで立ち上がってきます。

 続いてスマートフォン側に移ります。

2.ストアからiVCamをインストールする

ストアで「iVCam」と検索し、インストールを行います。
アプリを起動すると、まずカメラの利用許可ダイアログが表示されるので「OK」をタップします。

続いてマイクを利用するためRecordingの利用許可ダイアログが表示されるので「OK」をタップします。

続いて通知の許可設定が表示されますが、こちらはお好みで設定してください。

これでアプリ側の準備は完了です。

iVCam上では左右反転して映し出されていますが、Zoomでは左右反転していない状態で映し出されます。

わかりやすいサイトを見つけました。以下URL確認してみてください。
Zoom設定も載っています。
>>こちら

別のアプリ『EpocCam』

本文下の広告枠
2020-04-22 | Posted in 新着・お知らせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



コメント下の広告枠